期待の MK がまさかの第3位
 いい歳をして、またこんなにカロリーの高い弁当を食べてしまった。
 セブンイレブンで11月28日以降順次発売とアナウンスされた「肉盛弁当(メンチカツ・牛焼肉・たれ唐揚げ)」。948kcalという重量級の弁当だ。

20231130Nikumori1

20231130Nikumori2

20231130Nikumori3

 唐揚げは小ぶりだが、ほおばってみるとこのたれがなかなかおいしい。
 牛焼肉は見た目はネロネロしていて、それが牛焼肉であると知らされなければ得体がしれないが、口に入れてみると、甘辛い味つけがおいしい。
 で、結局はいちばん期待していたメンチカツが、3つの肉料理のなかで私としての順位は第3位。ちゃんとしたメンチカツなのだが、この中途半端にかかっている甘めのソースが口に合わなかった。先日食べた弁菜亭の「霜月」に入っているメンチカツに、添付のしょうゆをかけて食べたときの方がおいしかった。

 肉軍団の下に敷かれているスパゲティ・トマトソース和えもけっこうなボリューム。
 なお、ご飯の上にかかっているふりかけ状のものは、フライドオニオンガーリック胡椒パセリ唐辛子和えという、実に長い由緒がありそうな名称の一品。唐辛子ということで警戒したが、このときのように口の中が消火活動を必要とする状況になることはなかった。ありがたいことに、ほとんど辛味を感じないものだったのだ。

 それにしても、こんなにカロリーをとっているのに、体重は55kg前後のまま。いま履いている、何年か前に作ったスーツのズボンは、腰周りがガフガフだ(最近はおなかをこわすことも少なく、栄養はちゃんと吸収されているはずなのに)。

 なので、前にも取り上げたこの奇妙な広告(今回は、また別なバージョン)の会社に、私が世話になることは100%ないだろう(おなかはポッコリしてるけど)。
202311SpamYase3

 ガフガフ(ガフガフって方言らしい。サイズが合わなくて余裕がありすぎる状態)はいやだけど、とはいえ、糖尿病ではないが境界型と言われている以上、ちょっとならともかく、体重増加には気をつけておく必要があるのだろう。

 キョーカイ違いで、モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart 1756-91 オーストリア)の教会ソナタ(Kirchensonate)を。

MozartSonatas